「e-Asset」 公共施設マネジメントシステム Public Facilities Management

システム概要

e-Asset 公共施設マネジメントシステムは、施設の老朽化、厳しい財源状況、人口減少による需要の変化に対応するため、公共施設におけるPDCAサイクルを回すことを支援するシステムです。

日々の施設管理情報の登録から蓄積したデータを表やグラフという形で「見える化」することで、分析・課題認識が行えます。また固定資産台帳と連携することにより、資産とマネジメントの一体的な管理が行えます。

財政シミュレーション機能 (平成30年度リリース) NEW

公共施設マネジメントシステムの新機能として、財政シミュレーション機能を開発中です。

この機能により、「公共施設等総合管理計画の改訂」において求められている「公共施設等の維持管理・更新等に係る中長期的な経費の見込みやこれらの経費に充当可能な地方債・基金等の財源の見込み」までを一連で算出することが可能となります。

特徴

  • ・ 情報登録媒体にデータベースを採用することで情報整理の時間を大幅に削減
  • ・ 施設 ― 棟 ― スペースと階層化された見やすい管理画面
  • ・ 情報を4つの分野(ストック・コスト・サービス・メンテナンス)で整理し分析の容易性を確保
  • ・ 表・グラフ出力機能による情報可視化
  • ・ 更新費用試算・再編・財政推移登録機能により、今後の投資計画をシミュレーションが可能
  • ・ 施設使用料基本単価計算による施設の利用料金見直しを実現

機能

情報登録機能

  1. ・ 施設閲覧 ・・・ 施設単位・建物単位・スペース単位での情報確認機能
  2. ・ ストック情報管理 ・・・ ストック(資産情報)の登録・変更・削除機能
  3. ・ コスト・サービス・メンテナンス情報管理 ・・・ 施設収支、利用状況、工事情報の登録・変更・削除機能
  4. ・ 自治体概要管理 ・・・ 決算カードや人口推移等の情報登録・変更・削除機能

シミュレーション機能

  1. ・ 施設使用料基本単価計算 ・・・ 施設コストをベースに部屋ごとの基本単価試算機能
  2. ・ 普通会計更新費用試算 ・・・ 普通会計建物の建替や大規模改修にかかる費用の試算機能
  3. ・ 再編計画機能 ・・・ 建物の複合・転用・取壊等の登録による再編計画機能
  4. ・ 財政の推移と必要額の対比 ・・・ 将来の財政見込みと更新費用試算結果の比較機能

出力機能

  1. ・ 表・グラフ出力 ・・・ 各情報を様々な角度で表現するグラフの出力機能
  2. ・ インポート・エクスポート ・・・ CSV形式によるインポート・エクスポート機能
  3. ・ 公共施設情報 ・・・ 利用状況や施設毎情報の確認機能

システム管理

  1. ・ 公会計データ連携 ・・・ 公会計管理台帳システムとのデータ連携機能
  2. ・ 年次更新 ・・・ 当年度情報のコピー・年度データ更新機能
  3. ・ セキュリティマスタ ・・・ ユーザID・組織マスタ・権限設定機能

構成

基本システム

  1. ・ e-Asset 公共施設マネジメントシステム

連携システム

  1. ・ e-Asset 公会計管理台帳システム
  2. ・ e-Asset 新公会計システム
  3. ・ e-Asset 公共施設保全システム ※平成30年度内リリース予定

動作環境

サーバ

  1. ・ 対応OS : Windows Server 2012 R2以降

クライアント

  1. ・ 対応OS : Windows 7以降
  2. ・ ブラウザ : Internet Explorer11.0以降

スタンドアロン

  1. ・ 対応OS : Windows 7以降
  2. ・ ブラウザ : Internet Explorer11.0以降