e-Asset 公共施設保全システム Public Facility Maintenance System

システム概要

e-Asset 公共施設保全システムは、施設の劣化状況を把握し、公共施設の日常点検や施設の長寿命化を支援するシステムです。
一定の基準に基づき、施設管理者が施設の簡易的な日常点検を行えるようにする他、蓄積した情報から劣化状況の評価や順位付けを行い、長寿命化を見据えたシミュレーションなどを実施できます。

機能

  1. 構造躯体の調査結果の登録・修正・削除機能
  2. 構造躯体以外の劣化状況調査の登録・修正・削除機能
  3. 調査結果を用いた劣化状況の評価・出力機能
  4. 改修等の優先順位の基準設定機能
  5. 整備水準の設定機能
  6. 優先順位並びに整備水準に基づいた改修計画出力機能
  7. 長寿命化や予防保全、目標耐用年数、改修周期等を踏まえたLCC算出機能
  8. LCC算出結果を用いた縮減率算定機能
  9. LCC算出結果の平準化シミュレーション機能
  10. 工事台帳の登録並びにシミュレーション反映機能

構成

基本システム

  1. ・ e-Asset 公共施設保全システム ※平成30年度内リリース

連携システム

  1. ・ e-Asset 公共施設マネジメントシステム

動作環境

サーバ

  1. ・ 対応OS : Windows Server 2012 R2 Standard以降

クライアント

  1. ・ 対応OS : Windows 7以降
  2. ・ ブラウザ : Internet Explorer11.0以降

スタンドアロン

  1. ・ 対応OS : Windows 7以降
  2. ・ ブラウザ : Internet Explorer11.0以降